しみにはハイドロキノンが効くって本当?

 

シミや美白化粧品の成分をチェックすると、よく見るハイドロキノン。

 

ハイドロキノンは、メラニン色素の合成を防ぐので、「肌の漂白剤」とも言われているほど高い効果が期待できます。

 

そのため、「ケミカルで強い成分」というイメージがある方も多いと思います^^;

 

ですが、実は、いちごや麦芽、紅茶などにも入っている身近な成分でもあります。

 

ハイドロキノンは、究極の美白成分だった!

美白成分は、シミの原因になるメラニンが作られるときに働くチロシナーゼ酵素の活性を抑える働きがあります。

 

美白成分にはいろいろ種類がありますが、その中でも、ハイドロキノンは、ビタミンCやコウジ酸、アルブチンなどの美白成分の約100倍の効果があるといわれています。

 

ですが、濃度が濃いと発がん性があるとの指摘があったり、使用方法を間違うとアレルギーや炎症を起こすこともあります。
そのため、以前は医師だけが処方を許可されていました。

 

そんなハイドロキノンですが、現在は、2001年の薬事法改正より化粧品にも配合して良いことになりました。

 

シミにはハイドロキノンが効く!と言われている理由。

ハイドロキノンは、もともと皮膚科で処方されていた成分です。

 

「炎症跡がひどく、色素沈着してしまった…。」
「ニキビ跡や火傷の跡が残っている…。」

 

といった方に処方されていました。

 

そのため、ドラッグストアなどのお手軽な美白化粧品よりも、ハイドロキノン配合の化粧品のほうが、圧倒的に短期で効果がでやすいということになるんですね。

 

シミを消しに評価の高いハイドロキノンのデメリットって何?

ハイドロキノンは、酸素や光に弱く不安定というデメリットがあります。

 

そのため、取扱い方法を間違えて、日中に使用してしまたり、使用期限が過ぎてしまったものを使用したりすると、反対に肌を傷つけてしまう可能性があります。

 

そのハイドロキノンのデメリットをカバーしたのが、アンプルール独自の技術で開発された「新安定型ハイドロキノン」なんです。

 

 

●関連記事:

 

→「新安定型ハイドロキノン配合化粧品はアンプルールだけ!」へ